インド式ダイエット

ダイエット食物

インド式ダイエット

インド式ダイエットは、インドの伝統的な食事習慣と哲学に基づいた食事プランです。
インドの食事文化は地域によって異なりますが、一般的には植物性の食材を中心とした食事で、健康に良いとされるスパイスやハーブも積極的に使われます。

 

こちらの方法も試してみてください

インド式ダイエットの特徴

  1. 植物性の食材
    : インド式ダイエットでは、野菜、果物、穀物、豆類、ナッツ、種実などの植物性の食材が重視されます。
    特に豆類はタンパク質源として重要視され、多様な種類のレンズ豆、チックピース、モヤシなどが利用されます。
  2. スパイスとハーブ
    : インド料理はスパイスやハーブの使用で知られており、これらは食事の風味を高めるだけでなく、健康効果も期待されます。
    例えば、クミン、コリアンダー、ターメリック、カルダモン、シナモン、ジンジャーなどがよく使われます。
  3. ヘルシーな調理法
    : インド式ダイエットでは、揚げ物や油を多く使用する調理法は避けられます。
    代わりに、蒸す、煮る、焼く、炒めるなどのヘルシーな調理法が好まれます。
  4. バランスの取れた食事
    : インド式ダイエットでは、バランスの取れた食事が重要視されます。
    異なる食材の組み合わせや栄養バランスに配慮し、必要な栄養素を摂取するように心がけます。
  5. 食事のタイミング
    : インド式ダイエットでは、食事のタイミングも考慮されます。
    朝食は重要視され、栄養価の高い食事を摂ることが一般的です。
    また、夕食は軽めにし、早めに摂ることが推奨されます。

 

インド式ダイエットは、バランスの取れた食事や植物性の食材の摂取を重視しているため、健康的な食生活を目指す人に適しているとされています。

 

インド式ダイエットの具体的な方法

インド式ダイエットは、個々の好みや健康状態に応じて異なることがありますが、以下に一般的なガイドラインを示します。
これはあくまで一般的な情報であり、個別の栄養ニーズやアレルギーには注意が必要です。

  1. 野菜と果物の摂取
    : インド式ダイエットでは、野菜と果物を豊富に摂ることが重要です。
    さまざまな種類の野菜をサラダ、カレー、スープなどの形で摂取しましょう。
    新鮮な季節の果物も積極的に取り入れることが良いです。
  2. 穀物の選択
    : インド式ダイエットでは、全粒穀物を好む傾向があります。
    白米や精製された小麦粉ではなく、全粒穀物やその製品(全粒小麦、オーツ麦、キヌアなど)を摂るように心がけましょう。
  3. 豆類の摂取
    : インド式ダイエットでは、豆類が重要なタンパク質源となります。
    レンズ豆、チックピース、モヤシ、ガルバンゾ豆など、さまざまな種類の豆類を料理に取り入れましょう。
  4. ヘルシーな調理法
    : インド式ダイエットでは、揚げ物や油を控えるようにします。
    蒸す、煮る、焼く、炒めるなどの調理法を選びましょう。
    必要な場合には、オリーブオイルやココナッツオイルのような健康的な油を使用します。
  5. スパイスとハーブの活用
    : インド料理はスパイスとハーブで知られており、これらを使って食事の風味を高めることができます。
    例えば、クミン、コリアンダー、ターメリック、カルダモン、シナモン、ジンジャーなどを料理に取り入れましょう。
  6. 食事の頻度とタイミング
    : インド式ダイエットでは、規則正しい食事の頻度とタイミングも重要です。
    一日に3食を摂ることが一般的で、朝食をしっかり摂ることが特に重要視されます。
    また、夕食は軽めに摂ることが推奨され、早めの時間帯に食べるようにします。
  7. 水分摂取
    : インド式ダイエットでは、適切な水分摂取も大切です。
    水やハーブティー、新鮮なジュースを積極的に摂るようにしましょう。
    ただし、糖分の多いジュースや加糖飲料は避けるべきです。
  8. スナックの選択
    : インド式ダイエットでは、ヘルシーなスナックの選択にも注意が必要です。
    ナッツ、種実、フルーツ、ヨーグルトなど、栄養価の高いスナックを選ぶようにしましょう。
    過度な加工食品や甘いお菓子は控えるべきです。
  9. 食事のバランス
    : インド式ダイエットでは、食事のバランスにも注目します。
    様々な食材を組み合わせ、必要な栄養素をバランスよく摂ることが重要です。
    タンパク質、繊維、ビタミン、ミネラルなどが十分に含まれるように心がけましょう。
  10. 健康状態や個別のニーズに合わせる
    : インド式ダイエットは、個別の健康状態やニーズに合わせて調整することが重要です。
    例えば、特定のアレルギーや食物制限がある場合にはそれに配慮し、適切な代替食材を選ぶなど工夫します。

 

以上が一般的なインド式ダイエットのガイドラインです。ただし、個人の体質や目標に応じてカスタマイズすることが重要です。

 

インド式ダイエットの食事プラン

インド式ダイエットの食事プランは、個人の好みやニーズによって異なりますが、以下に一例を示します。
このプランは一般的なガイドラインであり、個別の栄養ニーズや制限には注意が必要です。
自身の健康状態や目標に基づいて調整しましょう。

  1. 朝食:
    – オートミールや全粒小麦のシリアルと牛乳またはヨーグルト
    – 野菜入りオムレツまたはトマトとキュウリのサラダ
    – フルーツ(バナナ、オレンジ、りんごなど)
  2. 昼食:
    – 野菜カレーやダール(レンズ豆のスープ)と全粒穀物(ご飯やチャパティなど)
    – サラダ(キノコ、トマト、キュウリなど)とライタ(ヨーグルトソース)
    – ラッシー(ヨーグルトドリンク)または新鮮なジュース
  3. 間食:
    – ナッツや種実(アーモンド、くるみ、チアシードなど)
    – グリーンスムージー(スピナッチ、バナナ、アボカドなど)
  4. 夕食:
    – 野菜カレーやトフカレーと全粒穀物(ご飯やチャパティなど)
    – ダールやチャナ(ガルバンゾ豆のカレー)とサラダ
    – インド式サモサ(野菜入り揚げ物)のヘルシーバージョン
  5. 就寝前:
    – 温かいミルクまたはハーブティー(カモミール、ペパーミントなど)

 

この食事プランでは、野菜や果物、全粒穀物、豆類がバランスよく摂れるようになっています。
スパイスやハーブを使って食事の風味を高めることも大切です。
また、水分摂取にも注意し、適度な運動や日常の活動を取り入れることも重要です。

 

個人のニーズや制限に応じて、食材や調理法を調整することが重要です。
栄養士や医師の助言を受けながら、自身に合った健康的な食事プランを作りましょう。

 

インド式ダイエットのメリット

  1. 1. 健康な食材の摂取: インド式ダイエットは、野菜、果物、穀物、豆類などの健康的な食材を中心に摂るため、栄養豊富な食事が期待できます。これにより、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの必須栄養素をバランスよく摂取することができます。
  2. 2. 高い食事の風味: インド料理はスパイスやハーブを多く使うため、食事の風味が豊かで楽しめます。また、スパイスには抗酸化作用や抗炎症作用、新陳代謝促進などの健康効果もあります。
  3. 3. バランスの取れた食事: インド式ダイエットでは、植物性の食材を中心に摂ることで、食事のバランスが取れます。野菜、穀物、豆類の組み合わせにより、必要な栄養素を適切な割合で摂取することができます。
  4. 4. 食事の多様性: インド式ダイエットでは、様々な種類の野菜、豆類、スパイスを使った料理が楽しめます。これにより、食事のモチベーションや満足感が高まり、単調な食事に飽きずに続けることができます。

 

インド式ダイエットのデメリット

  1. 1. 食材の準備と調理時間: インド式ダイエットでは、多くの野菜やスパイスを使用するため、食材の準備と調理に時間がかかる場合があります。忙しい日常生活では、手間がかかることがデメリットとなるかもしれません。
  2. 2. 栄養素のバランスに注意が必要: インド式ダイエットは一般的に健康的ですが、個々の栄養ニーズや制限に応じて適切な栄養バランスを保つ必要があります。特定の栄養素不足や過剰摂取にならないように注意が必要です。
  3. 3. 食事の多様性の制約: インド式ダイエットでは、特定の食材や料理法に制約がある場合があります。特定のアレルギーや食物制限がある場合、または特定の食材が入手しにくい場合には、食事の多様性が制約される可能性があります。
  4. 4. 高カロリーの料理も存在: インド料理には多くのバターや油を使用することがあり、それによってカロリーが高くなる場合があります。適切なポーションサイズと調理方法に注意し、過剰なカロリー摂取にならないように注意が必要です。
  5. 5. 食事の社会的な制約: インド式ダイエットは、特定の文化や宗教的な背景に関連していることがあります。そのため、特定の社会的な制約や習慣に従う必要がある場合があります。これによって、外食や他の状況での食事の選択が制約されることがあります。

 

以上が一般的なインド式ダイエットのメリットとデメリットです。
個人の好みや健康状態、ライフスタイルに合わせて、最適な食事プランを選択することが重要です。

 

健康的で持続可能なダイエットプランを作成することが重要です。

 

レンズ豆

レンズ豆は、小さくてレンズのような形状をした豆の一種です。
レンズ豆は古くから栽培され、食材として利用されています。
様々な色やサイズのレンズ豆がありますが、一般的には赤色、緑色、茶色のバラエティがあります。

レンズ豆は栄養価が高く、タンパク質、食物繊維、ミネラル(鉄、カリウム、マグネシウム)、ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)を豊富に含んでいます。
また、低脂肪でコレステロールが少なく、さらに血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。

レンズ豆は調理が比較的簡単で、スープ、カレー、サラダ、パテ、ピューレなど、様々な料理に使用することができます。
特にインド料理ではダール(レンズ豆のスープ)としてよく知られています。

レンズ豆は乾燥豆として市場で入手可能であり、調理する際には事前に水に浸してから煮ることが一般的です。
柔らかくなったレンズ豆は、他の食材やスパイスと組み合わせて美味しい料理を作ることができます。

レンズ豆はヴィーガンやベジタリアンの食事に適しており、栄養価の高い代替タンパク源としても利用されています。

健康的な食事やバランスの取れた食事プランにおいて、レンズ豆は重要な役割を果たす食材の一つです。

 

チックピース(Chickpeas)

チックピース(Chickpeas)は、またはガルバンゾ豆(Garbanzo beans)とも呼ばれる、豆の一種です。
チックピースは、丸い形状をした豆で、主に黄色またはクリーム色をしています。また、一部の品種では黒や緑色のものもあります。

チックピースは、地中海料理や中東料理など、様々な料理で広く使われています。
また、ヴィーガンやベジタリアンの食事でも一般的なタンパク源として利用されています。

チックピースは栄養価が高く、タンパク質、食物繊維、ミネラル(鉄、マグネシウム)、ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)を含んでいます。
また、低脂肪でコレステロールが少なく、食事の満足感を高める効果もあります。

チックピースは乾燥豆として市場で入手できるほか、缶詰やジャータイプでも販売されています。
調理する際には、乾燥チックピースを水に浸してから煮るか、缶詰の場合は水切りして使用します。

チックピースは多くの料理で利用されます。
ハンバーガーやサンドイッチの具材として、スープやサラダに加えることができます。
また、ハムスやフムス(チックピースを使ったペースト)、チャナマサラ(インドのスパイシーカレー)、ファラフェル(揚げたチックピースのボール)などの料理にもよく使用されます。

チックピースはバランスの取れた食事において重要な役割を果たす食材であり、その豊富な栄養価と多様な調理方法から、様々な食事スタイルに適しています。

クミン(Cumin)

クミン(Cumin)は、スパイスとして広く使用される植物の種子です。
クミンは地中海地域や中東、インドなどで一般的に使用されており、料理に独特の風味と香りを与えるために利用されます。

クミンの種子は細長い形状をしており、茶色や黒色をしています。
また、乾燥した状態では硬く、香り高いスパイスとなります。
クミンには苦味と温かみのある風味があり、香りはわずかにスパイシーで、地中海料理や中東料理の特徴的な味を作り出します。

クミンは料理の多くのレシピで使用されます。
例えば、カレーやチリコンカン、スパイスミックス(ガラムマサラなど)などに頻繁に使用されます。
また、クミンは肉料理、野菜料理、スープ、サラダ、パン、スパイスティーなど、さまざまな料理に利用されます。

クミンには健康に良いとされるいくつかの効果もあります。
消化を促進する作用があり、腹痛やガス、消化不良の症状を緩和すると言われています。
また、抗酸化作用や抗炎症作用もあり、免疫機能をサポートする効果もあるとされています。

クミンは乾燥した種子の形で市販されており、粉末状に挽いたり、全体のまま使用したりすることができます。
調理時には、フライパンで乾煎りして風味を引き出すことが一般的です。

クミンは多くの料理で重要な役割を果たしており、料理に独特の風味と深みを与えるため、スパイスラックに欠かせない存在です。

 

コリアンダー(Coriander)

コリアンダー(Coriander)は、スパイスとして広く使用される植物の種子と葉の両方を指します。
コリアンダーは、地中海地域やアジア、中東などで一般的に使用され、料理に特有の風味を与えるために利用されます。

コリアンダーの種子は丸くて小さく、ライトブラウンの色をしています。
種子は乾燥され、香り高くスパイシーな風味を持ちます。一方、コリアンダーの葉は新鮮で緑色をしており、さわやかな香りを持ちます。
葉は一般的に「コリアンダーリーフ」とも呼ばれます。

コリアンダーは多くの料理で使用されます。
例えば、カレーやチリコンカン、スパイスミックス(ガラムマサラなど)などに頻繁に使用されます。
また、サラダ、スープ、スムージー、ソース、マリネなど、さまざまな料理に利用されます。

コリアンダーには爽やかで柑橘系の風味があり、苦味やスパイシーさも感じられます。
種子はナッツのような風味を持ち、葉は爽やかなシトラスの香りがあります。
この組み合わせは、料理に深みと特別な風味をもたらします。

また、コリアンダーには消化を促進する効果や抗酸化作用があるとされています。
特に葉には豊富なビタミンCが含まれており、免疫機能をサポートする助けとなることもあります。

コリアンダーは乾燥した種子や粉末、または新鮮な葉として市販されています。
調理時には、種子を乾煎りして風味を引き出すことが一般的です。
葉は料理の最後の仕上げに加えることで、爽やかな風味を楽しむことができます。

コリアンダーは多様な料理に使われる重要なスパイスであり、その独特の風味と香りは料理に特別な魅力を与えます。

 

ターメリック(Turmeric)

ターメリック(Turmeric)は、根茎(ローカスト)を乾燥して粉末状にしたスパイスであり、主にインド料理やアジア料理で広く使用されています。
また、ターメリックはハーブとしても利用され、伝統的な医療や漢方薬でも使用されています。

ターメリックは、明るいオレンジ色から黄色をしており、独特の風味と苦みを持っています。
その特徴的な色と風味から、料理においては色付けや風味づけのために使用されます。

ターメリックには、主成分としてクルクミン(Curcumin)と呼ばれる化学物質が含まれています。
クルクミンは強力な抗酸化作用や抗炎症作用を持ち、健康に対してさまざまな利点があるとされています。

ターメリックの利点
  1. 抗酸化作用
    : クルクミンは強力な抗酸化作用を持ち、細胞や組織を活性酸素から保護することができます。
  2. 抗炎症作用
    : クルクミンは炎症を抑制する働きがあります。
    慢性的な炎症の緩和や関節炎の痛みの軽減に役立つとされています。
  3. 免疫力のサポート
    : クルクミンは免疫システムをサポートし、免疫機能を向上させる効果があるとされています。
  4. 消化促進
    : ターメリックは消化を促進し、胃の不快感や消化不良を緩和するとされています。

ターメリックは多くの料理で使用されます。
カレーやスープ、スパイスミックス(カレーパウダーなど)などに頻繁に使われるほか、スムージーや茶、ライス、サラダなどにも加えることができます。

ただし、大量に摂取する場合や長期間にわたる摂取は避けるべきです。
また、ターメリックの摂取に関しては個人の健康状態や医師の指示に従うことが重要です。

ターメリックは色と風味を提供するだけでなく、その健康に対する潜在的な利点から、多くの人々に人気があります。
しかし、ターメリックの効果や摂取量に関する研究はまだ限られており、適切な医療アドバイスや個別の健康状態に基づいた判断が重要です。

ターメリックは一般的に粉末状態で市販されており、調理時にスパイスとして使用されます。
料理に加える際には、少量から始めて徐々に量を調整し、個々の好みや料理の味に合わせて使用することが推奨されます。

最後に、ターメリックはスパイスとしての利用だけでなく、サプリメントとしても入手可能です。
ただし、サプリメントの使用に関しては、製品の品質や適切な摂取量に留意し、医師や専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。

ターメリックは多くの料理で使われる人気のあるスパイスであり、その健康に対する潜在的な利点から注目されています。ただし、個々の健康状態や摂取量に関しては注意が必要です。

 

カルダモン(Cardamom)

カルダモン(Cardamom)は、スパイスとして広く使用される植物の種子です。
カルダモンは、インド、中東、北アフリカなどの料理で一般的に使用され、特有の風味を与えるために利用されます。

カルダモンは、エレクトカルダモン(緑カルダモン)とブラックカルダモン(黒カルダモン)の2つの一般的な種類があります。
エレクトカルダモンはより一般的で、ブラックカルダモンはより強い風味を持ちます。

カルダモンの種子は小さく、細長い形状をしており、茶色から黒色までの色合いを持っています。
カルダモンは強い芳香を持ち、スパイシーで柑橘系の風味があります。また、カルダモンは甘い香りもあり、料理や飲み物に独特の風味をもたらします。

カルダモンは多くの料理で使用されます。
例えば、カレーやビリヤニ、チャイ(インドの紅茶)、デザート、パン、クッキーなどに頻繁に使用されます。
また、カルダモンはスパイスミックス(ガラムマサラなど)やコーヒーの風味付けにも利用されます。

カルダモンには消化を助ける効果や抗酸化作用があります。
また、口臭や胃の不快感を軽減する効果もあると言われています。

カルダモンは、乾燥した種子の形で市販されており、粉末状に挽いたり、全体のまま使用したりすることができます。
調理時には、種子を砕いたり、フライパンで軽く乾煎りしたりすることで、風味を引き出すことが一般的です。

カルダモンは、独特の風味と香りをもたらす人気のあるスパイスです。
料理や飲み物に利用することで、特別な味わいを加えることができます。

 

シナモン(Cinnamon)

シナモン(Cinnamon)は、香辛料として広く使われる植物の内皮(樹皮)から作られるスパイスです。
シナモンは世界中で人気があり、料理や菓子作り、飲み物に使われることが一般的です。

シナモンは、主に2つの主要な種類に分けられます
シナモンクラシコ(セイロンシナモン)とカシアシナモン(中国シナモン)。
シナモンクラシコはセイロン島(現在のスリランカ)で栽培され、より高品質とされています。
カシアシナモンは中国やインドネシアなどで栽培され、一般的に入手しやすいものです。

シナモンの内皮は乾燥させ、棒状にされることがあります。
また、シナモンパウダーとしても市販されており、料理に簡単に利用できます。

シナモンは、甘い香りと温かみのある風味を持っています。
特にシナモンクラシコは、芳醇な香りと穏やかな甘みが特徴です。
シナモンの風味は多様で、スパイシーでウッディなニュアンスから甘いバニラのような香りまで幅広いバリエーションがあります。

シナモンはさまざまな料理や飲み物に使用されます。
例えば、シナモンロール、アップルパイ、プディング、スパイスティー、コーヒー、シリアル、カレーなど、多くのレシピで活用されています。

また、シナモンには健康に対するいくつかの潜在的な利点があります。
抗酸化作用、抗炎症作用、血糖値の安定化、血圧の調整などの効果が報告されています。
ただし、これらの効果についてはまだ研究が進行中であり、医療上のアドバイスや適切な摂取量に留意することが重要です。

シナモンは多くの料理に香りと風味を加えることができる人気のあるスパイスです。
また、その健康効果についても注目されています。
ただし、個々の健康状態や摂取量に関しては注意が必要です

 

ジンジャー(Ginger)

ジンジャー(Ginger)は、根茎(ローカスト)を乾燥させたり、生のまま使用したりするスパイスやハーブとして広く使われています。
ジンジャーは、インドや中国などのアジアの料理で特に一般的ですが、世界中で幅広く利用されています。

ジンジャーは、ピリッとした辛みと独特の風味を持っています。
生姜はスパイシーでシャープな味わいがあり、乾燥させたジンジャーパウダーはより温かみのある風味を提供します。

ジンジャーは、料理、飲み物、菓子作り、さまざまな形態で使用されます。
例えば、カレーやスープ、炒め物、マリネ、ジンジャーティー、ジンジャーエール、クッキーやケーキ、アジア料理の調味料などに頻繁に使用されます。

ジンジャーの健康効果
  1. 消化促進効果
    :ジンジャーには消化を促進する効果があり、胃の不快感や消化不良を緩和することがあります。
  2. 抗炎症作用
    :ジンジャーには抗炎症作用があり、関節炎や筋肉痛の緩和に役立つとされています。
  3. 抗酸化作用
    :ジンジャーには強力な抗酸化物質が含まれており、細胞や組織を活性酸素から保護する効果があります。
  4. 免疫強化
    :ジンジャーは免疫システムをサポートし、風邪やインフルエンザなどの病気から身を守る助けとなる可能性があります。

ジンジャーは、生姜の根茎やジンジャーパウダーの形で市販されており、調理時に利用することができます。
また、生のジンジャーを刻んだり、すりおろしたりして使用することも一般的です。

ただし、ジンジャーには血液を抗凝固させる作用があるため、抗凝固剤や血圧薬を服用している場合は医師に相談することが重要です。

また、ジンジャーは妊娠中の女性にとって注意が必要です。
高用量のジンジャーの摂取は、流産や早産のリスクを増加させる可能性があるため、妊娠中の方は医師の指示に従うことが重要です。

一般的には、ジンジャーは健康的で美味しいスパイスとして人気があります。
しかし、個々の健康状態や摂取量には留意が必要です。

 

モヤシ(Mung bean sprouts)

モヤシ(Mung bean sprouts)は、モヤシ豆(緑豆)の発芽した若い芽です。
モヤシはアジア料理において広く使用され、独特の食感と栄養価の高さから人気があります。

モヤシは、モヤシ豆を水で洗って浸水させ、その後湿度と温度を管理して発芽させます。
数日間で芽が成長し、白い茎と淡黄色の葉を持つモヤシが得られます。
モヤシは水気を含んでおり、若干のシャキシャキとした歯ごたえがあります。

モヤシは栄養価が高く、低カロリーでありながらビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質を含んでいます。
特にビタミンC、ビタミンK、葉酸、鉄、マグネシウムが豊富です。また、モヤシは抗酸化物質や抗炎症作用も持っているとされています。

モヤシはさまざまな料理で使用されます。
生でサラダやスープに加えられたり、炒め物や煮込み料理に使われたりします。
また、中華料理や日本の麺料理(ラーメンや焼きそば)のトッピングとしてもよく利用されます。

モヤシは独特の風味や食感を持ち、栄養価も高いため、健康的な食事に取り入れることができます。
ただし、生のモヤシは品質管理が重要であり、新鮮で清潔なものを選ぶことが大切です。

 

ガルバンゾ豆(Garbanzo beans)

ガルバンゾ豆(Garbanzo beans)は、チックピース(Chickpeas)とも呼ばれる豆の一種です。
ガルバンゾ豆は、主に地中海料理や中東料理で一般的に使用されています。

ガルバンゾ豆は、円形でやや楕円形をした豆であり、クリーム色または淡黄色をしています。
ガルバンゾ豆は乾燥して販売されることが一般的ですが、缶詰や冷凍品としても入手可能です。

ガルバンゾ豆は非常に栄養価が高く、良質のタンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルを含んでいます。
また、ガルバンゾ豆は低脂肪であり、血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。

ガルバンゾ豆はさまざまな料理に使用されます。
例えば、ハムスやフムス、ファラフェル、サラダ、スープ、カレーなどに利用されることが一般的です。
また、ガルバンゾ豆はペーストや粉末に加工され、調味料や食品添加物としても使用されます。

ガルバンゾ豆はバランスの取れた食事や植物ベースの食事に取り入れることができる健康的な食材です。
ただし、乾燥ガルバンゾ豆を調理する場合は、事前に十分な水で戻す必要があります。
また、缶詰のガルバンゾ豆を使用する場合は、塩分の含有量に注意することも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました