サートフードダイエット

ダイエット食物

サートフードダイエット

サートフードダイエットは、イギリスの医師であるDr. David Katz氏によって提唱されたダイエット法の一つです
このダイエットは、体重管理や健康維持に役立つとされる、一部の食品を中心にした食事プランを提供します

「サート(Sirt)」は、Sirtuin(シルチュイン)というタンパク質を指します
Sirtuinは、細胞の機能を調節する役割を持っており、代謝を促進することが知られています
サートフードダイエットは、このSirtuinを活性化することに着目した食事プランであり、サートフードと呼ばれる特定の食品を摂取することで、体内のSirtuinを増加させ、ダイエット効果を期待するものです

サートフードダイエットでは、サートフードと呼ばれる、特定の栄養素を豊富に含む食品を中心に摂取することを推奨しています
サートフードとは、PolyphenolOligosaccharidesStanolSterolの頭文字を取ったもので、これらの栄養素が豊富に含まれる食品のことを指します
(例えば、果物や野菜、ナッツ、種子、全粒穀物、オリーブオイル、ヨーグルトなどが挙げられます)

 

Polyphenol、Oligosaccharides、Stanol、Sterolとは?

  1. Polyphenol  (ポリフェノール)
    ・ポリフェノールとは、植物に含まれる抗酸化物質の総称で、食品やサプリメントなどで摂取することができます
    ・ポリフェノールには、カテキンやアントシアニン、レスベラトロールなどがあります
    ・これらの成分には、炎症を抑制し、心臓病やがんの予防血糖値やコレステロール値の改善など、さまざまな健康効果が期待されています・ただし、摂りすぎると逆効果になる場合があるため、バランスの良い食生活が重要です
  2. Oligosaccharides(オリゴ糖)
    ・オリゴ糖とは、糖質の一種で、2~10個の単糖が結合した短い鎖状の糖です
    ・主に大豆や麦芽、キク科の植物などに含まれています
    ・一般的には、フラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などが代表的なオリゴ糖です
    ・オリゴ糖には、整腸作用や免疫力の向上カルシウム吸収の促進などの健康効果があるとされており、ビフィズス菌や乳酸菌のエサとしても利用されます・また、低カロリーであり、血糖値の上昇を抑える効果もあるため、ダイエットや糖尿病予防にも適しています
  3. Stanol(スタノール)
    ・スタノールは、植物ステロールの一種で、カロテノイドやトコフェロールと同様に脂溶性の栄養素です
    ・食品に含まれており、主に植物油、穀物、野菜、果物、種子、ナッツ、豆類などに含まれています
    ・スタノールには、コレステロールの吸収を抑制する作用があり、健康的なコレステロールレベルを維持するのに役立ちます
    ・特に、食品やサプリメントに添加されたスタノールは、食事中のコレステロール吸収を抑制し、血中のLDLコレステロールを低下させる効果があるため、動脈硬化症の予防や心臓病のリスク低減に有効とされています・また、スタノールには抗酸化作用もあるため、がん予防にも効果が期待されています
  4. Sterol(ステロール)
    ・ステロールは、脂質の一種で、植物や動物に広く存在する天然の化合物です
    ・ステロールには多くの種類がありますが、代表的なものにコレステロール植物ステロール(フィトステロール)、動物ステロール(ゾオステロール)などがあります・コレステロールは、細胞膜の構成要素やホルモンの原料として重要な役割を果たします
    ・一方、植物ステロールは、野菜、果物、穀物、種子、ナッツ、豆類などに広く含まれ、食物繊維と共に腸内で吸収されにくいため、コレステロールの吸収を阻害する効果があります
    ・そのため、植物ステロールは、コレステロール値を下げ、動脈硬化症の予防に役立つとされています・一方、動物ステロールは、動物性の食品に含まれる化合物で、コレステロールを含む脂質と共に摂取されることが多いです
    ・動物ステロールの摂取量が多いと、コレステロール値の上昇や動脈硬化症のリスクが高まるとされています。

このダイエットでは、サートフードを中心に、脂肪分や糖分が少ない食品を選んで摂取することが推奨されます
また、食事の回数を3食から5食に増やし、食事の量を減らすことで、カロリー制限を行います

このダイエットの利点は、健康的な食品を中心に摂取することで、栄養バランスの良い食事を提供することができる点です
また、食事回数を増やすことで、空腹感を減らし、食べ過ぎを防ぐことができます
さらに、サートフードを中心にした食事は、炎症を抑制する効果があるとされており、健康維持に役立つとされています

一方、デメリットとしては、サートフードが豊富に含まれる食品は、高価なものが多いことが挙げられます
また、特定の食品に偏るため、栄養不足になる可能性があるため、十分な栄養素を摂取するように気を付ける必要があります
さらに、食事の回数を増やすことで、食材の用意や時間管理に苦労することがあるかもしれません

総合的に見ると、サートフードダイエットは、健康的な食品を中心に摂取することで、栄養バランスの良い食事を提供することができるダイエット法です

食事プラン

  1. 【朝食】
    ・サートフードが豊富に含まれるヨーグルトに、全粒穀物のシリアル、果物をトッピングしたもの
    ・全粒粉のトーストに、アボカド、トマト、卵を乗せたもの
  2. 【昼食】
    ・サートフードが豊富に含まれる野菜をたっぷりと使ったサラダに、鶏胸肉や豆腐などのタンパク質源を加えたもの
    ・全粒穀物のパスタに、野菜と魚介類を加えたもの
  3. 【夕食】
    ・サートフードが豊富に含まれる野菜や果物を使ったスムージーに、ナッツやシードを加えたもの
    ・サートフードが豊富に含まれる豆類を使ったカレーに、野菜を加えたもの
  4. 【間食】・サートフードが豊富に含まれる果物やナッツ、種子などを適量摂取する

このように、サートフードを中心にした食品を使った、栄養バランスの良い食事プランが提供されます
また、食事の回数を3食から5食に増やし、食事の量を減らすことで、カロリー制限を行います。

ただし、個人の好みや生活スタイルに合わせて、食事プランを調整する必要があります
また、食材の用意や時間管理に苦労することがあるかもしれないため、事前に食材の準備や、作り置きをするなどの工夫が必要です

サートフード食品

  1. イモ類
    ・さつまいも、じゃがいも、タロイモなど
  2. 穀類
    ・オートミール、全粒粉のパンやパスタ、玄米、キヌアなど
  3. ビートルート
  4. キノコ類
    ・しいたけ、えのき、しめじなど
  5. オリーブオイル
  6. ナッツ類
    ・アーモンド、くるみ、ピスタチオ、カシューナッツ、マカデミアナッツ、ヘーゼルナッツなど
  7. 種子類・チアシード、フラックスシード、ヘンプシード、ポピーシードなど
  8. フルーツ類
    ・ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ストロベリー、チェリー、プルーン、プルーンジュースなど
  9.  ダークチョコレート(カカオ含有量70%以上のもの)

これらの食品をバランスよく摂取することで、サートフードダイエットの効果を期待することができます
ただし、単一の食品だけを食べることはせず、バランスの良い食事を心がけることが重要です

キヌア(Quinoa)とは?

・キヌア(Quinoa)は、南米アンデス地域原産の栄養豊富な穀物で、近年世界的に注目を集めている食材の1つです
・キヌアは、主にペルー、ボリビア、チリなどで栽培されており、アンデス地域では古くから栄養源として親しまれてきました
・キヌアは、小麦や米と同様に調理ができるが、グルテンフリーであるため、アレルギー体質の人にも適しています
・また、たんぱく質や食物繊維、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれ、栄養価が非常に高いとされています

ビートルートとは?

・ビートルートとは、根菜の一種で、赤色の球根状の部分が特徴的な野菜です
・別名を「ビーツ」ともいいます
・ビートルートには、ビタミンC、カリウム、食物繊維、葉酸などの栄養素が豊富に含まれています
・ビートルートには、硝酸塩が多く含まれており、体内で一酸化窒素に変換されることで、血管を拡張させる効果があるとされています
・ビートルートは、サラダやスープ、ジュースなど、様々な料理に利用されます
・ビートルートに似た日本の野菜は、「スイートポテト」と呼ばれるさつまいもが近いかもしれません
・スイートポテトもビートルート同様、根菜であり、独特の甘みがあります
・スイートポテトには、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、食物繊維、ポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれています
・スイートポテトは、蒸したり焼いたりして食べることが一般的で、デザートにも利用されます
・ただし、ビートルートとスイートポテトは、成分や味わいなどには違いがあるので、完全に同じ野菜とは言えません

サートフードダイエットのメリット

  1. 減量効果が期待できる
    :サートフードに含まれる成分には、代謝を促進する効果があるとされています。また、このダイエットは、適切なカロリー制限を設けた上で行うことが推奨されているため、減量効果が期待できます
  2. 健康増進につながる
    :サートフードには、抗酸化作用のある成分が含まれていることが多く、疾患予防に効果的であるとされています
  3. 食事制限がない
    :サートフードダイエットでは、特定の食品を摂取することが重要であり、それ以外の食品に関しては制限がないため、食事制限が苦手な人でも取り組みやすいと言えます

サートフードダイエットのデメリット

  1. 食品選びが重要
    :サートフードには、選び方によって効果が異なるものがあります。また、サートフードの中には高価なものも含まれているため、予算的な負担が大きい場合もあります
  2. 長期的な効果が不明
    :サートフードダイエットは、健康に良いとされる成分を摂取することに着目しているため、健康には良いかもしれませんが、長期的な減量効果については不明な部分があります
  3. 食事のバランスが偏りやすい
    :特定の食品に偏った食事プランであるため、栄養バランスが偏りやすく、栄養不足になる可能性があるため、バランスの良い食生活を心掛ける必要があります
タイトルとURLをコピーしました